ペットで犬と猫を飼っているためダニ対策は必須

我が家では、ペットで犬と猫を飼っているためダニよけ対策は必須です。

家の中に犬用の部屋があるため、犬が散歩から帰った後は、猫にダニがつかないように通った通路に掃除機をかけ、ダニが多い季節には犬部屋もできるだけマメに掃除機をかけ、犬と猫もダニよけシャンプーで洗います。

それでも猫にダニがついたことがあり、猫がよく眠るベットの布団のダニよけ対策には注意を払っています。湿気がこもらないように通気性の良いすのこベットを利用しているのですが、週に一度は折りたたんで布団を立てかけて干しています。

家の構造的に大きな布団が干せる場所が無いため定期的に乾燥機をかけ、ダニが繁殖しやすい季節には、できるだけこまめに乾燥機をかけています。

ダニが死滅するとされる50度以上に温度が上がるように乾燥機を横にして敷き布団を包み、その上から掛け布団をかける方法で温度を上げ、1時間以上乾燥機をかけます。

このときはダニが繁殖しやすいとされる枕も入れて、高温で乾燥させています。乾燥機をかけた後には、布団専用のノズルで掃除機をかけて、ホコリもはらっています。

ペットがいる場合は毛やホコリがたまりやすく、ダニがわきやすいためカーペットやソファなどには、定期的にオーガニック系のダニよけスプレーも使用しています。

匂いがきついため猫が嫌がるので頻繁には使えませんが、ダニが増えやすい季節は猫にも少々我慢してもらいます。

また殺虫剤を使わないダニ取りマットも併せてベットに使用しています。毛などのホコリも付着しているためカーペットやラグの下のシートの効果は、いまいち実感できませんが布団に敷いているものは、そこそこ効果があるようです。

我が家の布団のダニよけ対策は、定期的に高温でかける乾燥機でかなり防げていると思います。

より確率を上げるためにはダニ対策布団もできれば欲しいんですけどね。あれば普段のお手入れの負担もかなり減らせると思うわけですよ。(▲ダニ対策 布団 通販

犬の散歩でダニを拾ってくる危険性が高く、猫がベットにダニを持ち込む可能性もありカーペットや床の掃除機かけも必須。薄い肌掛けや枕カバー、タオルケットは、こまめに洗うようにしています。